利用できるサービス

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護

サービスの基本方針

指定地域密着型サービスに該当する認知症対応型共同生活介護の事業は、要介護者であって認知症であるものについて、共同生活住居において、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるようにするものでなければならない。

(指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準第89条)

指定地域密着型介護予防サービスに該当する介護予防認知症対応型共同生活介護の事業は、その認知症である利用者が可能な限り共同生活住居において、家庭的な環境と地域住民との交流の下で入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援及び機能訓練を行うことにより、利用者の心身機能の維持回復を図り、もって利用者の生活機能の維持又は向上を目指すものでなければならない。

(指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準第69条)

サービスの内容

認知症対応型共同生活介護サービスは、認知症対応型共同生活介護計画に基づき、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話、機能訓練及び療養上の世話を行うものです。(認知症)グループホームとも言われます。

利用にあたっての注意点

  • (認知症)グループホームは、家庭的な環境と地域住民との交流のもとで認知症の方々が共同生活を行うものです。
  • (認知症)グループホームは、市町村が指定する地域密着型サービスのひとつです。従って、当該市町村にお住まいの方のみご利用ができます。
  • (認知症)グループホームには、短期入居のかたちで利用できるところもあります。また、認知症対応型通所介護の通所場所として指定されている場合もあります。
  • 要支援1の方は利用できません。

簡単なQ&A

サービス事業者検索

認知症対応型共同生活介護、介護予防認知症対応型共同生活介護のサービスを提供する事業者を探すには下のリンクをクリックしてください。

サービス事業者検索

グループホーム居住費助成について

名古屋市では、平成30年1月から、(認知症)グループホームを利用する一定の所得要件等を満たす方に対して、居住費助成制度を開始しています。

詳細はこちら(居住費助成制度のページへリンク)

お問い合わせ

【担当課】名古屋市役所健康福祉局高齢福祉部介護保険課指導係
【所在地】〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 名古屋市役所本庁舎2階 所在地、地図
【電話番号】052-972-3087
【ファクシミリ】052-972-4147
【開庁時間】月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)