ヘルプカードの配布を開始しました

2017年10月19日

ヘルプカードは、自分から「困った」と伝えることが苦手な人が、まわりの人に助けを求めることができるよう、「手助けが必要な人」と「手助けをする人」を結ぶカードです。

1 概要

 外見からは分かりにくい障害・疾患のある方や、コミュニケーションをとることが困難な障害のある方等が、周囲にご自身の障害・疾患への理解や必要な支援を求めることができるよう、障害特性や希望する支援内容を記入し、財布や手帳等に入れて携帯していただくものです。また、透明のケースに入れて首からぶら下げたり、カバンにつけていただくこともできます。

2 配布場所

 区役所福祉課・支所区民福祉課・保健センター保健予防課・保健センター分室(精神・難病等窓口)、障害者基幹相談支援センター

 
(カードの表紙画像)  カード表紙

(以下からもダウンロードができます。ただし、配布しているカードは少し厚めの紙で作成しております。)

ヘルプカード台紙(PDF形式:678KB)

ヘルプカード記入例(PDF形式:654KB)

≪ヘルプマークの配布を開始しました≫

内部障害や難病の方を始め、援助や配慮を必要としていることが外見からは分からない方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成したマークです。

詳しくはこちらをご覧ください。http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000105996.html

お問い合わせ

名古屋市健康福祉局障害企画課
企画育成係
電話:052-972-2585
ファクシミリ:052-951-3999