補装具費の支給

A.内容

下記の補装具について、利用者の申請に基づき、補装具の購入、借受け又は修理が必要と認められた場合は、その費用の一部を補装具費用として利用者に支給します。

補装具ごとに申請時に必要な書類が異なりますので、事前にお住まいの区役所、支所、保健所へお問合わせください。

(注)一部を除いて、身体障害者更生相談所の判定(児童の場合は、自立支援医療機関の担当医師の作成した意見書)が必要です。

B.対象者

  • 身体障害者手帳所持者
  • 難病患者等

(注)ご利用希望者の方又は同一の世帯に属する配偶者(児童の場合は保護者)の市民税所得割の額が46万円以上の世帯の方は対象になりません。

C.申込

補装具費の支給
区分耐用・使用年数備考
義肢(義手・義足)(注3) 4か月から1年6か月(児童の場合)
1年から5年
使用される方の年齢(注1)、型式等により耐用年数は異なります。
装具(注3) 4か月から1年6か月(児童の場合)
1年から3年
使用される方の年齢(注1)、型式等により耐用年数は異なります。
座位保持装置(注3) 3年 長時間座位をとることができない方、自力で座位を保持できない方が対象となります。
盲人用安全つえ 2年から5年 普通用、携帯用、身体支持併用があり、構造や材質により耐用年数は異なります。
義眼 2年 普通義眼、特殊義眼、コンタクト義眼があります。
眼鏡 4年 矯正眼鏡、遮光眼鏡、コンタクトレンズ、弱視眼鏡があります。
補聴器 5年 補聴器の出力音圧や構造によって対象者が異なります。
車いす 6年 普通型、手押し型、その他特殊な車いすがあります。リクライニング式、テイルト式等の機能があります。型式によって対象者が異なります。
電動車いす 6年 普通型、簡易型があります。リクライニング式、テイルト式等の機能があります。型式によって対象者が異なります。
歩行器(注3) 5年 六輪型、四輪型、三輪型、二輪型、固定型、交互型があります。
歩行補助つえ
(一本つえ除く)
2年から4年 松葉づえ、ロフストランドクラッチ、多点杖等があります。構造や材質により耐用年数が異なります。
重度障害者用意思伝達装置(注3) 5年 重度の四肢体幹機能障害かつ言語機能を喪失の状態にある方で、コミュニケーション手段として必要とされる方が対象となります。
座位保持いす(注2)(注3) 3年 四肢や体幹に障害のある方が、軽い支持で座位の安定をはかるために使用します。
起立保持具(注2) 3年 体幹や下肢の障害のある方が、立位の安定をはかるために使用します。
頭部保持具(注2) 3年 四肢や体幹に障害のある方が、頭部の安定をはかるために座位保持いす等に装着して使用します。
排便補助具(注2) 2年 普通便所での排便が困難な場合に、座位の保持により排便しやすくするために使用します。

(注1)児童の場合は、年齢に応じて使用年数が設けられています。詳しくは、区役所福祉課、支所区民福祉課保健センター保健予防課、保健センター分室(精神・難病等窓口)へお尋ねください。

(注2)児童の場合のみ対象。

(注3)借受け対象の種目(義肢・装具・座位保持装置は完成用部品のみ)

  • 所得区分に応じた利用者負担上限月額を超える負担は生じません。(上限月額までは費用の1割を負担)
  • 補装具費の支給については、償還払い方式と代理受領方式があります。
  • 補装具費の支給対象となる補装具には、それぞれ耐用・使用年数があり、その期間中こわれた時は、原則として修理になります。
  • 65歳以上の方及び介護保険の要支援、要介護認定を受けた方については、介護保険により貸与を受けることが可能な用具(歩行器、歩行補助つえ(1本つえを除く)、車いす、電動車いす)の補装具費の支給は、原則受けることができません。障害の状況に合わせ、個別に製作する場合については、身体障害者更生相談所の判定が必要です。