【補助金】令和3年度および4年度 高齢者施設等における検査費用補助金について(令和4年6月17日一部変更)

2022年6月28日

 新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、本市では令和2年10月より、本市内の高齢者施設等を対象として、職員又は利用者が、行政検査によらず任意で検査を受検するために必要な経費の一部を補助する事業を開始しております。令和4年度も補助を実施しますので、希望する場合は期限内に申請書類をご提出ください。
 なお、本補助金の対象経費となっているPCR検査、および抗原検査の検査費用は、施設等の種別により「新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等に対するサービス提供体制確保事業補助金」(かかり増し経費補助金)の対象となっている場合がありますので、検査費用補助金の申請にあたっては、貴事業所におけるかかり増し経費補助金の申請状況をご確認していただいた上で、申請していただきますようお願いします。かかりまし経費補助の詳細についてはこちらをご確認ください。


事業の概要等

補助金交付要綱(PDF形式:90KB)(R4.6.17一部改正)

事業に関するQA(PDF形式:71KB)(R4.6.17更新)
(注)事業に関するQAについては、随時情報更新します。

かかりまし経費補助との比較

比較表.pdf(PDF形式:153KB)(R4.3.4更新)


申請書類

交付申請書(様式第1号)(DOCX形式:13KB)(R4.6.17様式改正)

受験者一覧(様式第1号(別紙))(XLSX形式:19KB)(R4.6.17様式改正)

・検査の種別及び費用の明細が分かる書類(領収書等)

・検査を実施したことが分かる書類(検査結果通知等)※検査キット購入の場合のみ

(注)対象施設等ごとに申請してください。


提出方法及び提出期限(令和4年6月17日変更)

令和3年度及び令和4年度の補助金申請の提出期限は、令和5年3月31日までです。
(令和3年度分の期限が令和4年3月31日から令和5年3月31日に変更になりました)

事業完了次第速やかに下記の申請先へ郵送してください。


行政検査について(令和4年1月21日 追記)

 現在本市では、行政検査について、「医師が陽性と診断した方の家族や同居人のみならず、本人からの申し出により濃厚接触者の可能性のある方に対し(注1)、症状の有無にかかわらず、保健センターの判断がなくても実施していただく」ように医療機関へ依頼しております。(これは、感染拡大時(県のレベル2以上)のみの対応です。
つきましては、医療機関にてPCR検査等を受けられる方は、医師等へご自身が受検するに至った経緯等についてお伝えいただきますようご協力お願いいたします。

(注1)患者(無症状病原体保有者を含む)の感染可能期間内(発症日※の 2 日前から診断後に隔離などをされるまでの期間)に接触した方のうち、次の範囲に該当する方 ※無症状病原体保有者は検体採取日を発症日とします。
     ・患者と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機など)があった方
     ・適切な感染防護なしに患者を診察、看護若しくは介護していた方
     ・患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
     ・その他、手で触れることのできる距離(目安として 1 メートル)で、必要な感染予防策(マスクなど)なしで
       15 分以上接触があった方(周辺の環境や接触の状況等個々の状況から患者の感染性を総合的に判断する)
    ※参考:国立感染症研究所感染症疫学センター「新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領」


参考資料

B.1.1.529 系統(オミクロン株)が主流である間の当該株の特徴を踏まえた感染者の 発生場所毎の濃厚接触者の特定及び行動制限並びに積極的疫学調査の実施について(PDF形式:496KB)


お問い合わせ及び申請先

お問い合わせ及び申請先は、下の「お問い合わせ・申請先一覧」をご確認ください。
(注)サービス・施設種別によって異なります。かかりまし経費補助に関する問い合わせ先も同一です。

お問い合わせ・申請先一覧.pdf(PDF形式:98KB)

(共通)FAX052-972-4147

<宛先 記入例>
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1番1号
        健康福祉局高齢福祉部介護保険課 〇〇係
        検査費用補助金申請書類 在中