介護保険制度のあらまし

要介護・要支援の認定はこうして行われます

被保険者(介護や支援が必要になったら)

申請

お住まいの区の区役所福祉課又は支所区民福祉課へ来所(新規申請または区分変更申請の場合)

または名古屋市介護認定事務センターへ郵送申請(更新申請の場合)

訪問調査

名古屋市の職員又は名古屋市が委託した指定居宅介護支援事業者や介護保険施設等の介護支援専門員(ケアマネジャー)が、ご自宅等へ訪問し、調査を行います。

  • 概況調査:現在利用しているサービスの状況などの調査→二次判定へ
  • 基本調査:心身の状況や日頃の介護の状況、特別な医療に関すること(74項目)→一次判定へ
  • 特記事項:基本調査だけでは把握しきれない特に介護に影響を与える事項や活動の状況→二次判定へ

(一次判定)

基本調査の結果などをもとに全国共通の基準により判定を行います。

主治医の意見書

区役所から主治医に、心身の障害の原因である病気などに関して意見書の記入を依頼します。

二次判定へ

審査・判定(二次判定)

保健・医療・福祉の専門家からなる介護認定審査会において、一次判定結果や主治医の意見書などをもとに「介護の手間にかかる審査判定」と「状態の維持・改善可能性にかかる審査判定」を行います。

認定

認定結果は、申請日から原則30日以内に通知します。

要介護1~5と認定された方

介護サービスを利用できます。

要支援1・2と認定された方

介護予防サービスを利用できます。

非該当と認定された方

介護サービスの利用はできませんが、介護予防事業を利用して、状態の維持・改善を図ります。

詳しくは、お住まいの地域のいきいき支援センターにご相談ください。

お問い合わせ

【担当課】名古屋市健康福祉局高齢福祉部介護保険課認定係
【電話番号】052-750-7881
【ファクシミリ】052-750-7884
【開庁時間】月曜日から金曜日の午前8時45分から午後5時15分まで(土曜日、日曜日、祝日及び12月29日から翌年1月3日までは除く)